放射能量・空間線量測定結果

ベクレルとシーベルトの違いとは?

 ベクレルは放射能の強さを表す単位で、放射性物質から1秒間に放射線が何回出るかを表します。例えば、10ベクレルの放射能をもつ放射性物質は、1秒間に10回、放射線を出しています。しかし、放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線などの種類があり、同じ10ベクレルでも、出てくる放射線の種類によって身体への影響が異なります。
 このため、ベクレルの数値だけでは私たちの身体への影響はわかりません。そこで、放射線の種類や強さを考慮して、人間の体が放射線によってどれだけ影響を受けるかを表す単位として「シーベルト」がつくられました。

 

焼却灰(飛灰・主灰)等放射能量測定結果

環境衛生センター(ごみ処理場)及びエコパーク長生(最終処分場)空間線量測定結果

 ・環境衛生センター(ごみ処理場)(pdf:114KB)

 ・エコパーク長生(最終処分場)(pdf:220kB)

測定結果
(※リンクをクリックしてもPDFファイルが開けない場合は、「右クリック→対象をファイルに保存」でパソコンに保存後、開いてください。)

お問い合わせ

環境衛生課
TEL 0475-23-4944

詳しくはこちらをご覧ください。