長生郡市広域市町村圏組合 組合概要

組合概要

【設立】

長生郡市広域市町村圏組合

 長生郡市広域市町村圏組合は、地方自治法第284条第2項に規定する一部事務組合であり、長生郡市の市町村が行う事務を共同処理するために設置されました。
 当組合では、ごみ処理や水道、消防等経費の節減や事務の効率化等を図ることのできる事務・事業を実施しており、また、その多様さは、全国的に見ても有数なものです。
 今後も、当組合で実施している事務・事業の重要性はますます増大することと思われますので、住民サービスの向上と効率的運営のため、一層努力して参ります。

【組織】

名   称 長生郡市広域市町村圏組合
設   立 昭和46年(1971年)4月1日
所 在 地 千葉県茂原市下永吉2101番地
構成市町村 茂原市 一宮町 睦沢町 長生村 白子町 長柄町 長南町
(1市5町1村)
管 理 者 管理者   茂原市長
副管理者  一宮町長 睦沢町長 長生村長 白子町長 長柄町長 長南町長
議会 (1)定数  18人(茂原市6人、町村各2人)
        各市町村の議会議長及び議会選出議員
(2)委員会 総務常任委員会(9人)
        企業常任委員会(9人)
        議会運営委員会(7人)
(3)定例会 年3回(2月、8月、11月)
監   査 監査委員2人(識見者1人、議会議員1人)
教育委員会 委員定数5人
常勤職員数 524人(平成31年4月1日現在)

【共同処理する事務】

(1)長生郡市広域市町村圏計画の策定及び実施のための連絡調整に関すること。
(2)一般廃棄物の収集、運搬及び処理に関すること。
(3)一般廃棄物処理の基本計画及び実施計画の策定に関すること。
(4)一般廃棄物処理業の許可及びし尿浄化槽清掃業の許可に関すること。
(5)容器包装廃棄物の分別収集計画の策定、分別収集及び処理に関すること。
(6)消防事務に関すること。
(7)水道事業の経営に関すること。
(8)長生郡市夜間急病診療所の設置及び管理に関すること。
(9)在宅当番医制事業に関すること。
(10)病院群輪番制方式による二次医療機関運営事業に関すること。
(11)関係市町村の職員の共同研修事務に関すること。
(12)視聴覚教材センターの設置及び管理に関すること。
(13)病院事業の経営に関すること。
(14)火葬場・斎場の設置及び管理に関すること。(一宮町、睦沢町、長生村及び白子町を除く。)
(15)霊きゆう運送事業に関すること。(一宮町、睦沢町、長生村及び白子町を除く。)
(16)長生郡市温水センターの設置及び管理に関すること。
(17)介護認定審査会の設置及び運営に関すること。
(18)障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)に基づく
介護給付費等の支給に関する審査会の設置及び運営に関すること。
(19)浴場棟、プール棟及びこれらの附属施設の貸付けに関すること。
(20)その他前各号に付帯する事務

経緯

【事務局】

昭和40年5月
(1965年)
「茂原市外7ヶ町村し尿処理組合」設立
(茂原市・一宮町・睦沢村・長生村・白子町・本納町・長柄町・長南町)
昭和41年3月
(1966年)
「長生伝染病舎組合」設立
(長生病院組合・一宮町・長生村・長柄町・長南町)
昭和44年7月
(1969年)
「茂原市外7ヶ町村し尿処理組合」を「長生郡市衛生組合」と改称
昭和44年10月
(1969年)
社会情勢への適応、事務の効率化を推進するため「長生郡市広域市町村圏協議会」を設置し、協議、検討を進める。
昭和46年3月
(1971年)
「長生郡市衛生組合」、「長生伝染病舎組合」、「長生郡市広域市町村圏協議会」を解散
昭和46年4月
(1971年)
「長生郡市広域市町村圏組合」設立
解散前の事務を引き継ぐとともに、ごみ処理、消防事務を加え、8市町村(本納町は、昭和47年5月に茂原市と合併)により発足する。
昭和47年4月
(1972年)
常備消防分遣所開所(現在の南消防署・北消防署・西消防署)
昭和47年10月
(1972年)
「長生農業者研修センター」落成
昭和47年12月
(1972年)
「長生郡市消防団合併協議会」設立
昭和48年2月
(1973年)
「長生郡市上水道事業調査室」設置
昭和48年3月
(1973年)
し尿処理施設増設
昭和48年12月
(1973年)
ごみ処理施設改造工事(ピットアンドクレーンの設置)
昭和49年3月
(1974年)
長生郡市消防団合併協議会解散
昭和49年4月
(1974年)
「組合消防団」発足
昭和51年3月
(1976年)
「長生郡市保健センター」落成
昭和51年7月
(1976年)
「長生郡市夜間急病診療所」開設、休日在宅当番医制並びに2次待機病院の確保
昭和54年3月
(1979年)
「ごみ処理施設」落成(120t/16h)
昭和57年3月
(1982年)
「し尿処理施設」落成(122㎘/日)
昭和57年4月
(1982年)
「長生郡市視聴覚教材センター」設置
「入山津分遣所」開所(後の入山津分署)
昭和58年4月
(1983年)
「味庄分遣所」開所(現在の味庄分署)
昭和59年4月
(1984年)
「佐貫分遣所」開所(現在の佐貫分署)
平成元年1月
(1989年)
「佐貫最終処分場」落成
平成5年2月
(1993年)
「火葬場・斎場建設室」設置
平成8年4月
(1996年)
ごみ焼却施設第1期工事(81t/24h)落成、供用開始し、余熱を利用した「長生郡市温水センター」を開設
平成9年年4月
(1997年)
「本納分遣所」開所(現在の本納分署)
平成10年4月
(1998年)
茂原市、長柄町、長南町の複合事務組合方式による「火葬場・斎場(長南聖苑)」落成
平成11年3月
(1999年)
ごみ焼却施設第2期工事(144t/24h)落成、1期工事、2期工事合せて225t/24hの焼却炉完成
ごみ焼却施設の余熱を利用する「長生郡市温水センター」に温水プールを開設
平成11年10月
(1999年)
「介護認定審査会」設置
平成13年6月
(2001年)
「北消防署」を茂原市千沢から白子町五井へ移設
平成18年6月
(2006年)
「障害程度区分認定審査会」設置(現在の障害支援区分認定審査会)
平成18年7月
(2006年)
「エコパーク長生」落成
平成19年4月
(2007年)
「会計管理者」を設置
平成22年4月
(2010年)
「地域医療整備室」設置
「長生農業者研修センター」休館
平成23年4月
(2011年)
「地域医療民生室」設置
「長生郡市温水センター浴場棟・プール棟」民間に貸付け
平成26年4月
(2014年)
「長生農業者研修センター」廃止
平成29年4月
(2017年)
「地域医療民生室」を「医療民生課」に昇格
平成29年9月
(2017年)
「入山津分署」を「長生分署」に名称変更し、長生村の入山津から宮成へ移設
平成30年8月
(2018年)
「汚泥再生処理センター」落成(97t/24h)

【水道部】

昭和48年2月
(1973年)
「長生郡市上水道事業調査室」設置
昭和49年3月
(1974年)
水道法による水道事業経営認可(昭和49年~54年度)
昭和49年4月
(1974年)
長生郡市広域市町村圏組合に「水道部」発足、事務局を茂原市茂原598番地(消防署内)に設置・創設事業に着手
昭和55年6月
(1980年)
創設事業落成
既設水道事業(茂原市水道事業・一宮町水道事業・長南町水道事業・茂原市簡易水道事業・長柄町東上簡易水道事業・茂原市大沢地区簡易水道事業)を廃止
昭和55年7月
(1980年)
水道事業統合に関する協定書締結(7市町村)
「九十九里地域水道企業団」より入水を受け給水開始、水道料金を3段階制とする地区別格差料金に設定
昭和55年11月
(1980年)
事務局を茂原市下永吉2101番地(「環境衛生センター」内)に移転
昭和56年4月
(1981年)
工場用水道料金改定
昭和56年10月
(1981年)
水道料金改定
昭和57年10月
(1982年)
水道料金を2段階制の地区別格差料金に改定
昭和59年4月
(1984年)
茂原、長柄地区の検針及び集金業務を民間業者に委託
昭和59年10月
(1984年)
水道料金改定、全地区統一料金とする
昭和60年4月
(1985年)
長南地区の検針及び集金業務を民間業者に委託
昭和62年4月
(1987年)
全地区の検針及び集金業務を民間業者に委託
昭和63年5月
(1988年)
水道事業経営変更認可(第1次拡張事業:昭和62~平成元年度)
平成元年4月
(1989年)
水道料金改定(消費税 ※3%)
平成3年4月
(1991年)
水道料金改定(平均8%引き下げ)
平成4年9月
(1992年)
事務所を茂原市高師395番地2に移転
平成8年10月
(1996年)
水道料金改定(平均26%引き上げ)
平成9年4月
(1997年)
水道料金改定(消費税及び地方消費税 ※5%)
平成16年4月
(2004年)
コンビニエンスストアによる収納業務開始
平成18年4月
(2006年)
加入金を給水申込納付書と改め、納付金額を改定
平成18年10月
(2006年)
給水申込納付金額改正規定の施行
平成24年4月
(2012年)
水道部機構改革により維持課を新設(維持係、調査係)
平成26年4月
(2014年)
水道料金改定(消費税及び地方消費税 ※8%)

【長生病院】

昭和26年4月
(1951年)
「長生病院組合」設立
1町4村の組合立国保病院(名称:組合立長生病院)として病床数21床、職員数18名で設立
昭和26年12月
(1951年)
結核病床21床を増床
昭和28年10月
(1953年)
伝染病床25床を増床
昭和29年9月
(1954年)
結核病床21床を一般病床に変更
昭和29年12月
(1954年)
結核病床60床を増床、伝染病床2床を増床、合計129床
昭和33年10月
(1958年)
結核病床を39床に縮小し、一般病床を57床に用途変更、伝染病床と合わせ合計123床
昭和38年3月
(1963年)
結核病床を21床増床して60床に、一般病床を14床増床して71床
一般病床71床、結核病床60床、伝染病床27床、合計158床
昭和47年4月
(1972年)
地域の要望に応え、リハビリテーション棟を建設、使用開始
昭和49年11月
(1974年)
結核患者急減のため病床数を52床に縮小し、一般病床は8床増床して79床、伝染病床27床と合わせ合計158床
昭和53年1月
(1978年)
伝染病床の補修工事を完了
昭和53年12月
(1978年)
新館104床の建設を完了、旧館に替えて使用開始
総病床数158床
昭和57年4月
(1982年)
「組合立長生病院」から「公立長生病院」に名称変更
昭和57年10月
(1982年)
結核患者減少のため27床を一般病床に変更、一般病床131床、伝染病床27床、合計158床
昭和61年3月
(1986年)
伝染病棟廃止、一般病床数131床
昭和63年3月
(1988年)
「長生病院組合」を解散
昭和63年4月
(1988年)
「長生郡市広域市町村圏組合」へ移管、一般病床数131床
平成元年3月
(1989年)
100床増認可
平成4年3月
(1992年)
C棟増築工事落成 一般病床数231床
平成4年4月
(1992年)
診療科に脳神経外科、泌尿器科及び耳鼻咽喉科を新設
平成5年4月
(1993年)
救急基幹センターに承認
平成6年9月
(1994年)
B棟改修工事
平成8年3月
(1996年)
B棟北側駐車場整備
平成8年4月
(1996年)
総合病院として許可
平成14年3月
(2002年)
病院進入路拡幅及び駐車場整備
平成15年8月
(2003年)
神経内科を新設
平成22年1月
(2010年)
病床数を180床とする
平成23年4月
(2011年)
地方公営企業法の全部適用となる
平成26年2月
(2014年)
新A棟(救急・管理棟)増築工事落成
平成27年3月
(2015年)
旧A棟解体及び敷地内駐車場整備
平成28年2月
(2016年)
電子カルテシステム導入